信用取引なら1日何回でも売買できる!

信用取引は手数料が安い

株の取引を行う場合、現物取引と信用取引の二つがあります。現物取引に関しては、口座に預けた資金の範囲で株の購入を行う取引ですが、信用取引の場合は、口座に預けた資金の3倍までの範囲で株を購入することができます。また、株を売りから入ることができるという空売りを行うことができるので、相場が下落傾向にあるときでも利益を得るチャンスがあるということになります。 この信用取引のメリットの一つの中には、手数料が現物取引よりも安い傾向がありますから、一日に何度もトレードを繰り返すデイトレーダーにとってもメリットの多い取引になります。ただし、信用取引の場合は、口座に委託保証金を入金しておく必要があり、損失が膨らむと委託保証金が減ってしまって、新たに資金を追加で口座に入れる必要が出てくることがあります。

信用取引を始める方法

信用取引は自分が預けた資金の3倍の額で株を買ったり、売ったりすることができるので、小額からでも大きな利益を狙うことが可能となります。しかし、信用取引はすぐに行うことはできません。まず、初めに証券会社に口座を開いたら、証券会社の審査をパスする必要があります。信用取引の場合は、証券会社からお金を借りて株の購入を行うことになるので、個人の情報を知るために審査を行うことになります。 とはいえ、この審査は最低限の信用取引の知識があるのかどうかということを確認するために行うので、それほど難しいわけではありません。通常は、電話で証券会社からの質問に答えるという形で行います。事前に勉強をしておけば、答えることができるので、信用取引を始める前に最低限の知識を仕入れておくとよいでしょう。